ちょっと特別な「お酒とグルメ」セットの産地直送通販。ギフトにも自分へのごほうびにも。

丹波ワイン/京都府

ワインを通じて京丹波町の風土と
日本食文化伝えたい
日本食に合うワインの醍醐味がここにある

その小さなワイナリーは京都府京丹波町の里山にあります。
美しい山と水、大地の恵みがあり、風土を愛し共に生きる人たち。
京丹波ワインを通じて、この地の風土と日本食文化を伝え、次世代へ繋げていく。
和の心をテーマに造られたワインはぜひ日本食と一緒に飲んでもらいたい一品。和食好き、ご年配の方に贈りたい高貴な日本ワイン。

「京都の食文化に合う
 ワインを創る」

白壁の趣のある日本酒蔵。1979年、ここから京丹波ワイナリーは始まりました。
創業者が海外で味わったワインを、日本では同じように飲んでもおいしく味わえない。そんな疑問の中、そこには匂い、言葉、気候、調味料……など自然に形成された食文化で生まれる味があるのだと認識。

当時勤務していた会社を辞めすべてをなげうり、地元京都の食文化に合ったワイン造りを目指しました。やがて仲間が募り、ワイン醸造用のぶどう栽培も丹波の自園で手掛けるまでに発展。
 
創業者の熱い思いと共にスタートした「丹波ワイン」、こうして今日のスタイルを築き上げてきたのです。

あくまでも料理とのバランス
和食通を唸らせる味

約40品種を栽培、そのうちセパージュワインとして販売しているのは10種類程度。特に厳選されたぶどうのみを使用。

白ワインは果汁清澄後発酵してできるだけ雑味の少ないワインを造る。
これは微妙な味わいの多い京料理などと合わせることを意識した醸造法です。
個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランス、ワイン単体でのバランス自体も考え、ぶどうのポテンシャルを最大に引き出す。
それが丹波ワインのスタイルなのです。

熟成樽もフレンチ、アメリカンオークなどを使い分け、熟成期間すべてを計算して上品な樽香をアクセントに、料理とのバランス、過度な香りつけをしないよう気配りが見られます。
醸造法にも細心の気配りが窺えます。
和食と和のワインが最高な状態でいただけるのは日本でしか味わえない贅沢。

日本食のための
日本ワインが世界で脚光

創設した1979年からわずか5年後、スペイン・マドリードで開催されたモンドセレクションのワイン部門にで「鳥居野」が金賞を受賞。
その後、6年連続金賞を獲得しています。以降も国内外で高い評価をされ続けています。

ワイナリーに併設されたレストランでは、京野菜や丹波の特産を使用した和食と自社ワインがいただけます。他にも都内で京丹波ワインが飲めるレストランもあり、国内でも料理人から高い支持を受けています。専任スタッフの丁寧な説明とサロンバーでの試飲が楽しめるワイナリーツアーも好評。

ぜひ、京都へ訪れた際にはワイナリーへ足を運んで、贅沢なワインをお楽しみいただいてはいかがでしょうか。

生産者情報

生産事業者名
丹波ワイン株式会社
生産者種別
ワイン
代表者名
藤田 隆文
住所
〒622-0231 京都府船井郡京丹波町豊田鳥居野96
電話番号
0771-82-2002
創業年
昭和54年(1979年)

対象商品 Product Interest