ちょっと特別な「お酒とグルメ」セットの産地直送通販。ギフトにも自分へのごほうびにも。

櫻乃峰酒造/宮崎県

伝統を守り抜く「かめつぼ仕込み」
創業140年以上、小さな蔵だからこそできる
すべて手仕込みの芋焼酎「平蔵」

全国的に珍しい製法で造られる櫻乃峰酒造の芋焼酎「平蔵」は、鼻孔をくすぐる芋の甘い香りと風味、それでいてマイルドで優しい口あたりの焼酎。
丁寧に造られた焼酎をじっくり、ゆっくりとお楽しみください。

お客様に誠心、誠意を尽くす
「手造り」「手運び」の小さな蔵

宮﨑県日南市に蔵を構える櫻乃峰酒造は、1877(明治10)年創業。「お客様に誠心、誠意を尽くす」を理念とした丁寧な酒造りが、この「平蔵」を作る上でも蔵のこだわりが多く込められています。
「平蔵」とは、平成6年に6代目社長が当蔵を受け継いだ時、平成の蔵として「平蔵」という名をつけたのが由来。

櫻乃峰酒造では、創業当時から変わらぬ「3つの伝統」を守り続けています。1つ目がもろみの発育をよくするために行われる「かめつぼ仕込み」。2つ目が昔ながらの木桶を使った「芋の蒸かし」。3つ目が「減圧」という蒸留方法です。
看板商品である「平蔵」の唯一無二の味わいは、明治から続く3つの伝統と丁寧な手仕込みに支えられています。

芋の良さを最大限に引き出す
「木桶」
地中に半分埋まった
「かめつぼ」による仕込み

芋焼酎を作る上で欠かせないのが、芋を蒸す工程です。全国でも珍しいと言われている、昔ながらの木桶(日南名産のおび杉で造られたもの)で芋を蒸すことにこだわっています。
木桶を使用することにより余分な水分が抜けて甘みが引き出され、芋が最良に蒸し上がるという。一度に750kgの芋を蒸し上げる事ができますが、手作業で行うので大変ハードな作業。

もろみの発育を良くするために一次仕込みも、二次仕込みもすべて「かめつぼ仕込み」で行っています。
創業から受け継がれる伝統のかめつぼ。地中に埋まったかめつぼは温度変化が少なく、この中で仕込むことで深くまろやかな味わいに仕上がるそう。
また、一つ一つ癖が違う「かめつぼ」を把握し、仕込みをしないといけないという技術の高さがうかがえます。

造り手と飲み人の
想いをつなぐ

製造から製品になるまですべて「手造り」「手運び」であるため、徹底した品質管理をしています。
それゆえ、毎年製造量には限りがあります。それでもたくさんの人に飲んでもらいたい、特に女性でも気軽に芋焼酎を楽しんでもらいたいという想いがあります。
その想いが商品ひとつひとつ丁寧に込められており、味わってみるとマイルドな優しい口あたりで、飲む人のことを思いながら造られているのが伝わってきます。
「手塩にかけて造り上げた焼酎を、大勢でワイワイと語り合いながら飲んでもらえればうれしい」

生産者情報

生産事業者名
櫻乃峰酒造有限会社
生産者種別
単式蒸留しょうちゅう(焼酎)
代表者名
橋本 彰史
住所
〒887-0023 宮崎県日南市大字隈谷甲1192
電話番号
0987-27-0271
創業年
明治10年(1877年)

対象商品 Product Interest